東方同人イラストブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



良い記事でしたらクリックして頂けると嬉しいです。
ご質問等はコメントにてお気軽に。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

せんとにゃん

ひこにゃんとせんとくん描けやクソ野郎と言われたような気がしたので描いてみた。



hk.jpg

たいとる:せんとしゅうらい

りゆう:ぼくは、きのおのよるおそくまでえばんげりおんを見ていました。だからこおなりました。




すまない、ラフなんだ。そして塗る予定もないんだ。


人体のデッサンと並行してパースの勉強も始めたので、せっかくだから使ってみました。


これは三点透視図法を用いています。(出来ているかは別として)



追記はどうでもいいことがぐだぐだ続きます


良い記事でしたらクリックして頂けると嬉しいです。
ご質問等はコメントにてお気軽に。

最近なかなか描く気力が出ません。

描く気力というか、構図とかいくら考えても納得のいくものが出来ないで描き進めないと言った所です。


最近、どこかのスレでこのような言葉を耳にしました。


「自分がスランプになるときはいつも、自分の能力以上のものを求めているとき」


まさにその通りだと思いました。


pixiv等でいろんな方の上手いイラストを見ていると、ついそれと自分の絵を比較してしまいます。


言い換えれば、「この絵くらい上手い構図が思いつくまで描かない」と言っているようなものです。


声の低い人がいきなり高い声を出せないのと同じように、


いきなり上手い絵を描こうとするのは無謀ですね。ポリープができちゃいます。


しかし、この絵というのは少々特別でして。


声で例えると、普通の人とボイストレーニングをした人とでは、まず土台(喉の作り)が違います。


しかし絵は、プロと絵を描き始めた人の土台(道具等)は、基本的に同じです。


なので、重要になってくるのが経験です。


絵を描くようになってからどれくらい経ったかはわかりませんが、


このくらい描いてきたんならそろそろ上手い絵が描けてもいいんじゃないか という考えが過る訳です。


絵というのは、自分の技量を数値化するのが難しいです。だから自分を過大評価してしまいがちに


なるのかもしれません。



で、結局納得のいくものが浮かばないで描き進まない。


そもそも、自分のその、上手い絵を描けるという自信はどこからくるのでしょうか。


自分で言うのもアレですが、それに見合う努力をしてきたとは思っていません。


現に人体の構造すら理解できていなかった訳ですし。


まあごちゃごちゃ書きましたが、用はその言葉によって色々考えさせられたという事です。


でも、一番大事なのは上手い下手じゃなくて、本人が楽しく描く事だと思います。



ちなみに、保存ミスって本来の文の半分くらいになってしまいました。泣きたい。
ステッカー届きました。
どーもありがとうございます。
なかなか、最初とは思えぬできばえに感動しました。
まさかのゴリ霊夢!不意打ちでした!
[ 2011/02/23 23:40 ] [ 編集 ]
>M-EIJIさん
少佐に褒められた!わあい♂
頑張って精進するじぇ。
[ 2011/02/26 02:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

個人情報

近日参加イベント:C86 二日目東 セ-53b
連絡先:lolimate23@yahoo.co.jp
Twitter:lolimate       
お勧め書籍

地霊殿アフター?編



星蓮船アフター 封獣ぬえ編



紅魔郷アフター ルーミア編


1
投稿動画
【東方手描き】東方I-1グランプリ【前編】
東方I-1グランプリーサムネ


兄の作った東方のゲームがマジキチだった
兄の作った東方のゲームがマジキチだった-サムネ


アクセスランキング
同人誌
42位


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。