東方同人イラストブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



良い記事でしたらクリックして頂けると嬉しいです。
ご質問等はコメントにてお気軽に。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

同人誌の作り方~原稿作成編~

自分用のメモも兼ねて、同人誌の作り方を紹介します。


紹介といっても、本人は製作途中である為、あまり本気にしない方が良いでしょう。


「へーそーなのかー」程度に見ていただければと思います。



続きからでご覧ください。


良い記事でしたらクリックして頂けると嬉しいです。
ご質問等はコメントにてお気軽に。

まず、同人誌の大きさ、モノクロorフルカラーを決めましょう。


・大きさ

同人誌では一般的に、B5サイズが主流のようです。A5サイズにする方もいるようです。


しかし、B5サイズの方が大きく、目立つ等の理由から、B5が選ばれる事が多いようです。



・モノクロorフルカラー


私の感覚では、モノクロの方が圧倒的に多いように思います。


フルカラーは、モノクロに比べて、製作にも時間が掛かりますし、なにより印刷代がそれなりに高くなります。


従って、ある程度の画力、知名度がなければ、大赤字になってしまう可能性もありますし、原稿の作り方を間違え

た時のリスクも大きくなります。


なので、初めて同人誌を作るという方は、まずはモノクロで作ることをお勧めします。


初の同人誌&画力無し&知名度無しの役満でフルカラーにする馬鹿もどこかにいますが。



以上の事を決めたら、次は原稿用紙を用意しましょう。


ググれば色々と出てきますが、とりあえず私が使用している所を紹介します。


原稿用紙


原稿用紙の使い方については、私自身良くわかっていませんので、他サイトで解説している所を参考にして下さい。


さて、自分の作るサイズの原稿用紙をダウンロードしたら、それを描写ソフトで開きます。


この際、解像度が、モノクロなら600dpi程度、カラーなら400dpi程度になっている事を確認しましょう。


この解像度が低いと、印刷する際に粗くなってしまいます。


以下は私の手順ですが、原稿を一枚仕上げるまでの過程を紹介します。


1.ラフを描く


先ほどの用紙に、絵の大まかな構造を描きます。


原稿用紙は何度も使いまわすので、絵を保存する際は、別の名前で保存してください。


原稿用紙にそのまま描いても良いのですが、


PCのスペックが低い場合、少し重く感じる場合があるかもしれません。


画像のサイズを小さくして描く事で、軽めに作業が出来ます。


サイズ変えちゃっていいの?と思う方もいるかもしれませんが、


最終的な線となる線画を描くときに、元のサイズで描けば良いので問題ありません。


ただし、サイズを変える際は、比率を保ったまま変えましょう。


また、解像度も下げる事でも軽くなりますが、


線画を描くときに元の解像度に戻すのをうっかり忘れる事がままある為、不安な方はそのままで良いでしょう。



ラフ。
kakikata1.png



2.線画


ラフが出来たら線画を描きましょう。


まず、最初にダウンロードした原稿用紙を開きましょう。解像度も確認しておきましょう。


ラフで描いた絵を丸々コピーします。


コピーしたラフを原稿用紙に貼り付けます。


(サイズを変えていた場合は)貼り付けたラフを原稿用紙の大きさに合わせて拡大します。


ラフの不透明度を下げ、その上にレイヤーを作り、線画を描いていきましょう。

線画。
kakikata2.png

一部ラフと異なる所がありますが、私の描き方が特殊なだけです。


3.塗り


モノクロでの塗り方ですが、主に二つの方法があります。


無彩色(彩度が無い色)でそのまま塗る方法、カラーで塗った後に、フォトショップ等でモノクロに変換する方法。


前者が多いのではないかと思います。私はモノクロで表現するのが苦手なので、後者でやっています。


ただ後者は、カラーで塗るので時間が掛かる上、折角カラーで描いてもモノクロにしなければならないという


なんか悲しい気持ちになります。


ちなみに、私が初同人をフルカラーにしたのも、モノクロが苦手というのが6割くらい占めます。


フルカラーで描く場合、必然的にレイヤーが増えるため、コマ毎に保存して、それぞれのコマを集めたものを


1枚として作ったほうが良いかもしれません。ただ、それだとやたらとファイルが増えるので、


整理が面倒な私は普通に一つのファイルにすべてのコマを塗りました。


塗り。
kakikata3.png



4.加工


この項目は必須ではありません。また、モノクロの場合も必要無いかもしれません。が、一応解説。


出来たイラストに+αします。


方法は色々あると思いますが、主に使われているのはフォトショップでしょう。


これまたフォトショップでの加工も色々あると思いますが、比較的使われてる(と思われる)


グロー効果をつけます。他にはディフュージョンもメジャーでしょうか。


方法は、ググればすぐに見つかるので、そこを参考にして下さい。


フォトショップ魔法。
kakikata4.png


あんま変わらんとか言わんといて。


5.セリフ


絵にセリフを入れていきます。


フォトショップでも文字入れは可能ですが、


私は、フリーソフト「SAI FON」を使用して文字を入れています。


上記のソフトはSAI専用なので、SAIかフォトショップを持っていない方の文字入れの方法はぶっちゃけ知りません。

ググって探すか、5000円を握り締めSAIと出会いましょう。


文字入れですが、


・使うフォントはアンチゴチが基本。

 
―漢字に角ゴシック体、仮名にアンチック体(≠明朝体、楷書体)を使う組み合わせ。


・セリフの基本文字サイズは B5 サイズ原稿時で 4.33mm(≒ 12.3pt)。


が一般的なようです。


セリフ
kakikata5.png



これにて一枚完成。


後はこれをひたすら繰り返します。わぁ大変。


ちなみにこの絵のレイヤー数は約120枚です。非効率的に塗ってしまった為ですが。


大体流れが掴めたので、大幅に削減できそうです。


と、私の原稿の作成の仕方はこんな感じです。


これから同人誌を作りたいと考えてる方の助けになれば嬉しいです。(かなり大雑把な解説でしたが。)


疑問点等がありましたらコメントでお知らせください。
[ 2012/08/23 09:48 ] 講座 | TB(0) | コメントはこちら(1)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/09/08 16:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

個人情報

近日参加イベント:C86 二日目東 セ-53b
連絡先:lolimate23@yahoo.co.jp
Twitter:lolimate       
お勧め書籍

地霊殿アフター?編



星蓮船アフター 封獣ぬえ編



紅魔郷アフター ルーミア編


1
投稿動画
【東方手描き】東方I-1グランプリ【前編】
東方I-1グランプリーサムネ


兄の作った東方のゲームがマジキチだった
兄の作った東方のゲームがマジキチだった-サムネ


アクセスランキング
同人誌
42位


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。